キャンプが趣味になり、変わった私

キャンプで自給自足を経験し、自然の中で暮らすことで家族や友人達とより絆を深めることが出来ます。

キャンプの自給自足を通じて絆を深めよう

キャンプが趣味になり、変わった私 キャンプは、野外で一時的に生活をすることを指すもので、これを趣味としている人も少なくありません。都会を離れ、川辺や山の中のキャンプ場でテントを張り、空気の綺麗な場所で自然と一体となることでリラックス出来ますし、都会の喧騒を忘れて心穏やかに時間を忘れて暮らすことを目的とする人もいます。自然の中で暮らすというのは、普段忘れがちですがとても大事なことなのです。

キャンプではバーベキューをしたりカレーを作ったりする人もいますが自給自足もまた醍醐味の一つです。魚を自分で釣って焼いたり、お米を飯盒で焚いたりすることで自分で料理を作ることの大変さと大切さを学ぶことが出来ます。これが意外と大変で、大の大人でも悪戦苦闘するものなのですが、子供の内に体験させておくことでいい勉強になるのです。

家族連れで行くにしろ友人の集まりで行くにしろ、そのような苦労と努力、そして自然との共存を経験することで絆は更に深まります。お互いの作業を分担し、時に協力することで誰がどの様な事が得意なのか、不得意なのかも知れますし意外な一面を見ることもあるでしょう。キャンプを通じお互いをよく知り、今後もより良い関係を築いていくことが出来るようになるというのも、キャンプの魅力の一つです。